秋田魁新報(さきがけ新聞)の販売業務。仙北市角館町・仙北市西木町西明寺・仙北市田沢湖神代・大仙市大曲・大曲内小友・旧仙北町エリア

さきがけpoint (株)木村新聞店|秋田魁新報(さきがけ新聞)の販売業務。仙北市角館町・仙北市西木町西明寺・仙北市田沢湖神代・大仙市大曲・大曲内小友・旧仙北町
(株)木村新聞店 さきがけpoit
(株)木村新聞店 さきがけpoit
株式会社 木村新聞店 会社案内 リンク 株式会社 木村新聞店 E-MAILでの問い合わせ
エリアニュース 折込広告のご案内 購読の申し込み 試読紙の申し込み 販売所案内 トップページ
(株)木村新聞店 さきがけpoit

エリアニュース

大曲の花火の役者
平成17年06月27日
大曲の花火の役者
明治43年から始まった大曲の花火。
花火師達の甲子園とも言われ、花火師達の渾身の作を見ようと訪れる観光客は今では、60万人とも言われております。
大曲花火競技会を陰で支えているスタッフの一人 小西安太郎さん(大曲)に伺った。
大曲の花火の役者
「だい○○ごぉ〜」
大会当日打ち上がる花火の呼び出し?紹介?をするのが小西さんの役割。
きっかけとなったのは、雨で大会延期になり、プロのアナウンサーの都合が付かない年があり、当時商工会の役員をしていた小西さんに白羽の矢が立ったのだそうです。
現在は男性3名女性2名で花火を盛り上げる役に徹しているそうです。

小西さんの発声練習の場所は、車の中や風呂場で練習をしているそうで、「当日声が嗄れてはうまくない、花火師達が懸命に作った作品の紹介に声枯れでは申し訳ないし、その作品を台無しにしてしまうので、体調管理に十分注意している」と小西さんは言う。

大会当日は、午後二時頃から打ち上げ場所の近くのテントに仲間五人で集まり、役割,タイムスケジュールなどの確認をして、ヘルメットをかぶり本番に備えるのだそうです。

昔と比べて変わった点は、創造花火に音楽が付いた事と、お客さんの人数だそうで、地元花火師達の技術、腕前は今では日本トップクラスのレベルにまで達しており、地域の活性化にも繋がっている事は、大会を支えてきて大変喜ばしく思う。と小西さんは語ってくれた。

大会当日は、桟敷席より対岸の小西さん達の「だい○○ごぉ〜」の紹介を聞きながら今年平成17年の花火を楽しみたい。

今年大曲の花火は、平成17年8月27日に開催されます。

小西 安太郎さん(大曲在住)
カネトク卸総合センター株式会社  代表取締役
1932年6月20日生まれ



Copyright (C) 株式会社 木村新聞店All Rights Reserved
個人情報保護法の施行によりお客様から頂いた個人情報は、当社該当販売店におきまして
厳重な管理と適切な利用をさせて頂きます。詳しくはこちらから




 
エリアニュース一覧
>>第90回全国花火競技大会
>>本日「大曲の花火」
>>第89回全国花火競技大会
>>第88回 大曲の花火
>>大曲の花火 明日開催
>>大曲厚生医療センター
>>第87回全国花火競技大会
>>いよいよ大曲の花火開催
>>大曲の花火 準備進む
>>大曲仙北組合病院
>>田口成浩選手後援会
>>第86回全国花火競技大会
>>花火の準備 着々と
>>大曲駅前再開発
>>皇太子さま来県
>>豪雪明けて
>>第85回大曲の花火写真集
>>2011年大曲の花火
>>梅雨の水害
>>水無月の丸子川
>>9月なのに?
>>ようこそ、大曲へ
>>大曲の花火 記念グッズ
>>大曲の花火100年
>>おっ!!たまじゃくし
>>さくら
>>寒稽古
>>蔦谷展
>>本荘・角館親善交流
>>第2回オープントーナメント
>>実りの秋
>>桟敷席
>>グランドゴルフ
>>かくのだて
>>鳥子舞
>>川を渡る梵天
>>梵天
>>寒中稽古
>>武心会師範荒行
>>大農定期演奏会
>>紅葉色鮮やかに
>>レッサーパンダが見たくて
>>第1回オープントーナメント
>>内小友小学校稲刈り
>>新市めぐり
>>大曲北幼稚園運動会
>>角館の祭り特集
>>秋田魁新報角館支局新築
>>高橋商店 PR
>>角館の祭り
>>大曲の花火
>>角館お祭り準備始まる
>>伊豆山神社祭典
>>ささら2
>>押忍!
>>ささら
>>準備着々と
>>何だ・・・危険
>>準備開始
>>参加者募集のお知らせ
>>今年も
>>おれたちの夏
>>大曲の花火
>>七夕花火会
>>happy wedding
>>マイナスイオンを求めて
>>鮎釣り解禁
>>大曲の花火の役者
>>角館武家屋敷
>>武家屋敷界隈

エリアニュースをもっと読む
さきがけonTheWeb|秋田魁新報社